5年有期契約後の無期転換ルールについて
5年有期契約後の無期転換ルールについて
【無期転換ルールとは】
 有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申込みにより、期間の定めのない
 労働契約(無期労働契約)に転換できるルールです。

【特例措置】
・労働局へ特例措置の申請をして認定を受ければ、定年に達した後、引き続き雇用される有期契約の
 継続雇用高齢者については、その事業主に定年後引き続いて雇用される期間は、無期転換申込権が
 発生しません。
速やかに、労働局に特例措置の申請をして認定を受けましょう。

【就業規則の変更】
・無期転換後の労働条件を就業規則に明記しておかないと、トラブルになる可能性が大いにあります
速やかに、就業規則の変更又は見直しをしましょう。


無期転換申込権が発生した労働者が、申し込みをした場合は無期労働契約が成立します。
(会社は断ることができません)
お問合せ
平野経営労務管理事務所
社会保険労務士    平野正司
特定社会保険労務士 平野達彦

〒438-0835 静岡県
磐田市豊田西之島277-11
TEL:0538-35-0723
FAX:0538-35-0757
新事務所外観
メールでのお問合せ
 
 

ロゴ1